イメージ画像

TFTとは?

TFT(ThoughtFieldTherapy・思考場療法)はアメリカのロジャー・キャラハン博士が考案した新しい心理療法です。いくつかのツボをタッピングすることで、不安障害・パニック障害PTSD・抑うつ・恐怖症などの心理的問題を治療します。

どうしてタッピングをすると症状が解消するのか?

TFTでは、あなたの症状の原因は思考場(Thought Field)にあるパータベーション(精神的な動揺の原因) であり、それが恐怖・不安・パニック・抑うつなどの原因だと考えています。

経絡という東洋医学における重要なツボをタッピングすることで、自己治癒能力が活性化され、思考場にあるパータベーションを取り除かれます。

これにより原因を取り除くので、それからは症状のきっかけになるようなことを想起しても、不快な感情・症状があらわれなくなります。

TFTはどんな場面で使われているのか?

医師・看護師・心理士・カウンセラー・セラピスト・柔道整復師・鍼灸師・整体師・教員・保育士などによって様々な場面で活用されています。

心理的な問題を抱えた患者への対応の他、2001年9月11日のテロ事件など紛争や災害による強い精神的なショックを受けた人への支援としても注目されています。

どうすればTFTを受けられるのか?

TFTの治療を受けるには2つの方法があります。

1.認定資格をもつ専門家がいる治療院に行きTFTを受ける
2.TFTに関する書籍を購入して自分でタッピングする

まだ日本では専門家の数がそれほど多くないこともあるので、数冊出版されている書籍を読んでTFTを実践する方が身近でしょう。

TFTでやることはツボをタッピングするだけですから、やり方さえ理解すればあなたが自分で必要なときにいつでも実行できます。

しかし書籍では文章とイラストでの説明になるため、タッピングの要領がつかみにくいことがあります。

そのため心理的問題でお悩みの一般の方にお勧めなのがテキスト・動画・電話相談セットになったサービスを利用することです。

このページの先頭へ